家族の命を守る術|ペット保険に加入すれば難病も治せる

犬と猫

ペットの冥福を祈る

ペットの墓

ペットが亡くなってしまったら、飼い主の気持ちの整理をつけるためにもペット供養の仕方を考える必要があります。ペット供養の方法には様々なものがあります。ペット専用のお墓に遺骨や思い出の品を埋葬する方法、手元に遺骨を残して供養する方法、遺骨をキーホルダーやアクセサリーに加工するという方法、海などに散骨する方法などです。現代では亡くなったペットの遺骸をそのまま土葬するのは衛生上問題があるため、火葬するのが一般的です。火葬すると遺骨が残るため、その遺骨を何らかの形にしてペット供養に役立てるという場合が多いです。遺骨をペット供養に使いたいというときは、火葬の際合同で火葬するのではなく個別に火葬してもらうよう注意しましょう。合同の方が安いですが、合同火葬だと遺骨が手元に戻ってこないためです。

ペット供養の方法に決まりはありません。人間のように宗教があるわけではないので、飼い主の満足のいく形で供養してやるのが一番です。ペットの生前にペットを可愛がっていた人ほどペットが亡くなったときのショックは大きいものです。ペットが亡くなったときのショックや喪失感からうつ状態になってしまう人も少なくありません。このようになってしまうのは、ペットは人間のように葬儀を行うことがあまりなく、心の整理がつけにくいためだといわれています。そのため、ショックが大きい人ほどきちんとした形で供養するのがおすすめです。身内だけで葬儀をあげるのもよいでしょう。葬儀や遺骨の埋葬などの手順を踏むことで心の整理がつきやすくなります。飼い主が前向きに生きることこそ最大のペット供養ともいえます。